topへ食情報
img

食材   野菜:とうもろこし
甘みが強くて人気のとうもろこし。食物繊維が豊富で、腸内環境の改善にも役立ちます。とうもろこしのひげは粒1個1個とつながっているので、ひげがフサフサして いるものは粒が詰まっています。選び方 皮の緑が鮮やかで、皮を むいてある場合は粒が詰まっているものがおすすめです。
 
食材   果物:桃
みずみずしい夏の果物の代表格で旬は7月〜8月です。水溶性食物繊維のペクチンや、カリウムが豊富で、体内の余分な塩分や老廃物の排出を促します。選び方 全体に赤みがさし、赤みの部分が濃いものが甘みが強いです。未熟でかたい場合は、常温で数日おいて追熟させましょう。
 
食材   魚介:うなぎ(蒲焼き)
うなぎの蒲焼きは、土用の丑の日の定番です。ビタミンやミネラルなどを豊富に含み、夏バテ予防、スタミナ補給におすすめです。食べ方 温め直す時は、酒を少しふってから電子レンジで加熱したり、フライパンやアルミ箔を敷いたグリルで軽く焼くと、身がふっくらとします。
 

topへ

img

copyright