topへ食情報
img

食材   野菜:ほうれん草
冬のほうれん草は甘みが増しておいしさも格別です。豊富なβカロテンは、油と一緒に調理すれば吸収率もアップ。根元の赤い部分にも栄養が豊富なので、捨てずに、よく洗って食べましょう。
選び方:根元の赤みが強く、葉肉が厚いもの、緑色が濃いものがおすすめです。
 
食材   果物:いちご
ビタミンCの宝庫です。かぜ予防や、肌の健康をキープするのにおすすめです。あまおう、とちおとめ、紅ほっぺなど、さまざまな品種があります。
選び方:ヘタがピンとして、ヘタの近くまで実がしっかり色づいているものを選びましょう。
 
食材   魚介:さば
冬が旬の真さばは、「寒さば」とも呼ばれ、脂がのり今が最もおいしい時期です。血中の中性脂肪やコレステロールを下げるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
選び方:丸々と太っていて、ツヤがあるものがおすすめです。
 

topへ

img

copyright